SDLの政府機関ランゲージプラットフォーム

翻訳管理

翻訳管理

SDL WorldServerでは、翻訳作業を分散された手作業によるプロセスから、完全に管理された一元的なプロセスに移行できます。 

SDL WorldServerは、大量の翻訳プロジェクトを一元管理、自動化、制御し、品質の高い翻訳を期日どおりに、予算内で仕上げられるように設計されています。 翻訳メモリ、用語データベース、ワークフローのカスタマイズ機能を備え持つSDL WorldServerは、業界トップクラスの翻訳管理システムです。 

特徴: 

  • アプリケーションを安全に導入するための、SaaSとオンプレミスの2つの導入オプション 
  • 翻訳メモリなどの言語資産、用語集管理、変更検出機能、自動化されたワークフローを活用 
  • データの種類に応じて翻訳者やレビュアーを調整できるカスタマイズ可能なワークフロー 
  • 人間、LW ETS機械翻訳サービス、LW ETS出力の人間によるポストエディットなど、さまざまなプロセスフローで翻訳を提供 
  • DocumentumやSQL Serverなどの主要なCMSおよびRDMSアプリケーションにデフォルトで接続
  • ポストエディットとレビューの統合ポータル