SDLの政府機関ランゲージプラットフォーム

アプリケーション

データインテリジェンス

コンテンツの急増に伴って、政府機関は構造化されていないデータの取得、分析、把握を可能にする大規模なインフラストラクチャの設定を迫られています。 テキスト分析、ブロードキャストおよびオープンソースのモニタリング、インテリジェンス、デジタルフォレンジック、予測分析などのアプリケーションは、データを知識や情報に変換します。 しかし、多言語コンテンツがアナリストの言語に翻訳されなければ、このいずれも実現することはできません。 

SDL GLPソリューションはデータ環境全体に包括的に対応し、ソーシャルメディアデータを収集管理および構造化して、それを1つの言語に機械翻訳または手作業で翻訳し、プロジェクト要件で定義された仕様に基づいて翻訳結果を構造化します。 SDL GLPソリューションにはパートナーの拡張機能が含まれるため、メディアおよびブロードキャストのモニタリング、OCR、音声認識、信号処理、詳細なインターネットスキャン、合法のモバイル通信傍受、デジタルフォレンジックが可能です。

リアルタイムの多言語コミュニケーション

音声によるリアルタイムでの多言語コミュニケーションが、SDLの強力な機械翻訳テクノロジで可能になりました。 音声と機械翻訳テクノロジを組み合わせ、本物の論戦シナリオをサポートできる優れた信頼性を実現します。 

SDLのLW Enterprise Translation Serverでは、取得したデータを1分間に数千単語というスピードで翻訳し、ラップトップや法医学デバイスなどのポータブルデバイス上に翻訳結果を表示できます。

共同で行うインテリジェンスな作業

法律文書のような特定の種類のデータには、人の手による翻訳が持つインテリジェンスが必要になります。 SDL WorldServerなどの翻訳管理システムを利用すると、翻訳メモリや用語集管理に保存された以前の翻訳を再利用しながら、高品質の翻訳を必要とするコンテンツをタイムリーに提供できます。