SDLの政府機関ランゲージプラットフォーム

セキュアな自動翻訳

セキュアな自動翻訳

安全性が重視される政府機関用途向けの業界初の統計ベースの機械翻訳サーバーです。 

SDLのLanguage Weaver ETS(Enterprise Translation Server)は機械翻訳(MT)への統計的アプローチで、使用するほど翻訳の品質と適用性が向上します。 世界中で500を超える政府機関で導入され、テキスト分析、リアルタイムの多言語コミュニケーション、電子情報開示、デジタルフォレンジック、政府機関の日常業務など、さまざまなユースケースに対応するLW ETSは、多言語対応基幹サーバーとして大部分のビッグデータソリューションの基盤となります。 

特徴: 

  • 1分間に4,000語以上という翻訳処理速度を誇る、拡張性に優れたアーキテクチャ 
  • Translation Management、Queue、Dictionary Editorとの直観的なWebユーザーインターフェイス 
  • WindowsとLinuxの32ビットまたは64ビットシステムで使用可能 
  • オンプレミスでの大規模な分散配置が可能なクライアント/サーバーアーキテクチャ 
  • 優れたSOAPまたはREST API 
  • 音訳などの言語機能、複数の品質レベルの出力、カスタムフィルタ作成