SDL Tridion DXの総合的経済効果

Forrester ConsultingのTotal Economic Impact™(TEI:総合的経済効果)調査では、SDLのデジタルエクスペリエンス管理ソリューションと言語ソリューションを使用しているお客様が達成しているメリットについて分析しています。 

このForrester Consultingの定量分析は、グローバルコンテンツ運用モデル(GCOM)の導入により得られる総合的なメリットを示しています。 このモデルは、グローバルブランドの一貫性に関わる組織的および技術的な問題やローカリゼーション問題に対処し、顧客体験と運用効率の向上を促します。 

主な調査結果は以下のとおりです。

  • コンテンツパブリッシャーとウェブ開発者の効率が42%向上 
  • ローカリゼーションコストを3年間で110万ドル削減 
  • ウェブトラフィックが25%増加 
  • 3年間のROIが112%、投資額を15か月以内に回収

「SDL Tridion DXコンテンツ管理と翻訳テクノロジー&サービスの総合的経済効果」調査結果をダウンロードし、強固なGCOMの導入により、組織のグローバル展開や新規市場への参入時に高い効率性と多額のビジネス収益を確保する方法をご確認ください。

詳細をウェビナーでご説明します 

SDLのエキスパートとForrester Consultingのゲスト講演者が、SDL主催のウェビナー「Quantifiable Benefits of a Global Approach to Digital Experiences(デジタルエクスペリエンスへのグローバルアプローチで得られるメリットを数量化)」で詳しくご説明します。 2月22日開催のこのウェビナーに参加して、調査結果をご確認ください。 

このForrester Consultingの調査は、英語版のみのご提供となります。

ウェビナーに参加される方は、こちらからご登録ください。